遺言書どう書く…

  • 遺言書がない場合

 

遺言書がない場合

遺産相続は場合によっては人の人生を大きく左右するものにもなります。そのため、遺産相続に関してのトラブルも良く起こります。よって、遺言書を書いておくことはそういったトラブルを少なくする役割を持っています。

このようにとても大きな存在を占めているのが遺言書なのですが、その遺言書がないケースもあります。こういった場合には、法律を基に遺産相続をするようになります。これを法定相続といい、あらかじめ定められた分配法があるのです。

あらかじめこういった方法があるのなら、遺言書は必要ないのではないか、という意見が出てきそうです。しかし、法定相続ではすべての相続人に対して納得のいく遺産相続をできない事があり、そういったことからも遺言書というシステムが存在するのです。

一般的な家庭であることを前提に定められているため、家族間の仲が悪い場合や、一般とは異なった家族構成、例えば離婚や再婚などで構成が複雑化している場合などには法定相続ではトラブルを招いてしまいます。

例えば、子に対してはみんな同じに分配される仕組みになってしますがこれではトラブルを起こしてしまうことが多いのです。

というのも、家族間の問題で兄はいつも家庭に協力的、一方弟は親と喧嘩をして家を出たきり、という場合に平等に分配したつもりが不平等になってしまいます。

家庭を捨てたような人に対しても形は家族なので遺産が平等にもらえます。こういった場合だと家族間で問題が発生しやすいので、こういったことを考慮に入れた上で遺言書を作っておくべきなのですが、遺言書がない場合には法定相続にて分配をされることになります。