遺言書どう書く…

  • 遺言書を見つけた場合

 

遺言書を見つけた場合

遺言書を見つけた場合には、注意が必要です。自分の判断で開封したりしないように、しっかりと法律の定めに従って手順を進める必要があります。

封がされているものについては勝手にあけてはいけません。家庭裁判所に提出し、開封の手続きをとる必要があるのです。

もし勝手にあけてしまった場合には、様々なトラブルの可能性が出てきますので、法律上で許されておらず、5万円以下の過料を支払う必要になります。

そのため、見つけたら絶対に開封せずに、大切に保管し、家庭裁判所にて手続きを取るようにしてください。

そして開封の際には家庭裁判所においてすべての相続人のいる前で開封します。仮に事情でその場にいる事ができない場合には、代理人を用います。

開封を行った後は、検認の手続きに入ります。遺言書はとても大切な書類であるため、偽造などのトラブルを防ぐためにも確実に保管を行います。

検認を行うことでやっと遺言書として認められます。そして内容の確認をして相続に移っていくのです。

遺産相続の際には、遺言書に記載されている内容を元に定められていきますが、そのすべてがそのままになるとは限りません。

もし無理な内容や相続人の誰かにとって意義のある内容の場合は、法律に基づいて決められていきます。

また、相続とは関係のない事が書かれていたとしても法律上では効力をなしません。そのため、遺言書の内容をそのまますべて鵜呑みにするのではなく、相続人と協議して決めていく必要もあります。