遺言書どう書く…

  • 子供がいない場合の遺言書

 

子供がいない場合の遺言書

子どもがいない場合など、一般的な家族構成と違う場合には、遺言書を作成することをおすすめします。

遺言書を作成せずに一般的な法律上の遺産相続を行ってしまうと、トラブルの元となってしまいます。

法律上では家族の関係ではなくでも、実質家族のような間柄の人物もいることでしょう。

そういった場合には、遺言書にて遺産相続についてしっかりと明記する事が必要なのです。

法律上では遺産相続は血のつながった家族間で配分されます。そして配分のバランスも定められており、子どもがいない場合ではこのバランスが悪くなってしまう可能性が高いです。

こういったことを防ぐためにも遺言書は必要となり、本人がしっかりと家族の将来を見据えた上で考慮しなければなりません。

最も問題なのは、遺産相続によってそれぞれの経済状況が大きく変わってしまうことです。

遺言書の内容によっては、家族などの周囲の経済状況が大きく悪化してしまう可能性があります。

そのため、あらかじめシミュレーションをしてそれぞれの人間が死後に大きく生活に不利にならないか、注意をしておく必要があるのです。

その上で遺言書を作成しなければなりませんが、その前に直接家族や周囲の考え、意見も聞いておくようにしましょう。

特に普段からコミュニケーションの取れていない場合だと、何かと大きな問題に発展してしまいます。

一生懸命遺言書を作成したにもかかわらず、それが原因でトラブルになってしまうこともあるためです。