遺言書どう書く…

  • 家族仲が悪い場合の遺言書

 

家族仲が悪い場合の遺言書

家族仲が悪い場合には遺言書は必ず作っておきたいものです。遺言書を作っておかないと、法律上の遺産分配になってしまい、そうなると必ず家族間で揉め事が起きてしまうからです。

普段から家族間の仲が悪い場合や、離婚や再婚などによる家族構成の場合は気をつけておくべきでしょう。

一般的に良く言われていることですが、家族の誰かが亡くなって遺産相続をする際に家族の仲が悪くなってしまう場合が本当に多いのです。

もちろん、遺言書を書いたからといって必ずしもトラブルが起こらないというわけではありませんが、トラブルを最小限にするためにも遺言書を作る事が重要なのです。

しかし、ただ遺言書を書けば良いというわけはありません。家族のことを考えた上で作成したとしてもどうしても、作成者本人の立場なので家族全員のことまで考慮したものとは言えない場合も出てきます。

そのため、一人で作るのではなく、できれば信頼の置ける相談相手が一人いると助かります。

信頼できる人間であれば家族内でも良いかもしれませんが、それでも個人の主観が入ってしまう可能性は高いです。

そのため、法律関係や遺言の分野に詳しい人の意見を参考にすると良いと思います。

どうしても普段の人間関係においても個人の主観が入ってしまい、本人の良心に基づいたのであればそれが最も正しいように思えてしまい、それがきっかけでトラブルを起こしてしまう事があります。

意見の違う相手にとってもそれぞれが正しいと思っていることを主張するので、遺言書の際はいつも以上に気をつける必要があります。